Fujifilm X-Pro2を語る ~しばらくこのカメラに虜になるかも~

|ついに発表されたフラッグシップ機

とうとう待ちに待ったX-PRO1の後継機が発表されました!
デジタル写真機として動画機能を割り切ったおかげで、とても魅力的なモデルに仕上がってきたと思います。

 

csm_X-Pro2_BK_2c57ffd521

「富士フイルム公式HPから」

 

|X-Trans CMOS初の2,000万画素クラス!!

センサーサイズはAPS-Cのままですが、新センサーX-Trans CMOS IIIを採用して画素数を2430万画素に引き上げてきました。
一部の意見では1600万画素のままがよかったと書いている方もいらっしゃいますが、僕は2430万画素でも全く問題ないと思います。

サンプルを100%信じていいのか分かりませんが(一部はRAW現像していると思うので)、それらの作品を見た限りではX-Pro2のほうがX-T1などの前センサーよりブラッシュアップされているのは間違いありません。
風景などの細かい部分の描写が苦手なところもあったんですが、大分改善されていると思います。等倍でマジマジと見ない限り大丈夫だと思います。

pic_01

「富士フイルム公式HPから」

 

|防塵防滴、常用ISO12800までに引き上げられた

現在X-T1を使用しているのですが、”雨が降りそうだな” ”実際に雨が降ってきたとき”でも焦らずに対処できる余裕が生まれるので、やはりないよりあるにこしたことがありません。過去に、あるメーカーのカメラを使用したことがありますが、”防塵防滴に配慮した”と書かれていました。この書き方だと、いかようにも取れるので安心感は全くありませんでした。これなら”防塵防滴なし”となっている方が、それを考慮して使うことが出来ると思いますね。

そして僕の中では大きい要素である常用ISO12800への引き上げでです。
X-T1は非常に気に入っているカメラですが、全く不満点がないわではありません。その一つが常用ISO感度の低さでした。X-T1は常用ISO感度が6400までだったのです。夜景が専門なわけではないので、そこまで重視していませんでしたが、いざ夜景を撮る際にこれは結構フラストレーションが溜まりましたね。常用ISOが12800までになると、そのあたりの不満点が一気に解消しそうです。

 

|ハイブリッドビューファインダーはさらに強化

ここはX-PRO2の”売り”ですが、一度EVFに慣れてしまうとはたしてOVFは使うのか?ということです。
僕の場合は、残念ながらOVFは使うことがありませんでした。すでにEVFで慣れている方がOVFをあえて使う必要は??です。物珍しさで最初は使うかもしれませんが、結局はEVFの方がメリットが多いかと思います。
ですので、この理由だけで購入するのは、所有のカメラがOVFかEVFによってよく考えられた方がいいと思います。

pic_02

「富士フイルム公式HPから」

 

|結局、X-Pro2は買いか?

僕の目的・好みから判断すると”文句ナシに買い!!”です。
ただ上述したように、”目的による” ”好みによる”部分に大きく依存します。それによりお勧め度がかなり変動します。

でも、それがFujifilmの素晴らしいところだと思うんですよね。
AFポイントの多さ・AFスピード・速射や連射・そして高耐久性、いわゆる”プロ機”は他メーカーですでにあります。無理にそこに標準をあわせる必要はないです。いろいろ賛否両論の意見がありますがFujifilm独自の哲学で突き進んでいるからこそ、いまのX-seriesへの支持があるんじゃないでしょうか。そして今後のカメラ業界もそういった”独自性”がもっと求められると思います。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)