緊張したけど楽しかった‼ ~初めてのポートレート撮影~

 

先日、初めてのポートレート撮影をしました。 一言で表すと、 ”やっぱり人を撮るって愉しい‼”

 

|いつから計画していたのか?

いままでは、写真仲間にモデルになってもらったりしていました。
ただ、皆は”写真を撮りに”きているのであって、”写真を撮られる”ために来ているのではないんですよね。
それを考えると、あまり無理に引き止めて自分のポートレイト撮影のために、彼らの撮影の時間を奪うわけにはいけないです。

それでも人を撮りたいと思い、instagramやこのサイトで募集をかけることにしてみました。
覚悟はしていましたが、中々応募がありませんでした(笑 しかし幸運なことに、ご協力していただける方々からの連絡がありました。
※その内の一人の方とは、すでに先日撮影を終えました→Portrait : Honora

 

|なぜポートレイトを撮りたいのか?

うまく言えるかわかりませんが、スナップ写真って”撮る側の視点からの切り取り”だと思うんですよね。
サクサクっとその場の雰囲気を切り取る。そこに撮られる側は何も関与しない、要するに一方通行です。
その代り、自分次第でいかようにも撮ることが出来ます。

しかしポートレートは違って、一方通行では全然いい作品が出来ない。
下手すれば、ただの記念写真になってしまう。撮る側と撮られる側の息が揃っていかないと、ギクシャクしてしまう。
しかもそれは写真に必ず現れます。 むしろ、写真撮影以外に大事な要素があるんです。
そこに魅かれたのかもしれません。

 

|実際に撮影してみて

先日の撮影では、割と王道な撮影になりました。
すべてが初めてということもあり、何が撮りいのかたというのを上手く自分自身で理解できていなかったので、モデルさんに上手く伝えることが出来なかったです。

第一回目にしては、モデルさんと上手く協力しながら作品を作れたんじゃないかと思います。
ポートレートっていうのは、撮る側だけでなく撮られる側と”その空間・その時間を共有”して一緒に作り上げていくものだと気づきました。

ただ”撮る””撮られる”じゃなく、お互いの意見を共有することが大事なんじゃないかと。

 

|どんなポートレートを撮りたいのか?

ただ綺麗に、ただ可愛く撮るとかじゃなく、 ”その状況を想像したくなるような写真” ”観る人に訴えかけるような写真” を撮りたいです。
まだ具体的な説明が出来ないですが、とにかくこれが僕のテーマです。
ポートレートだけじゃなく、動物写真でもそれは心掛けています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)