トークショーに参加してみた ~写真家:内田ユキオ氏に会いに~

トークショーに参加してみた ~写真家:内田ユキオ氏に会いに~

|普段は仕事だけど・・・

2/21(日)、上手く都合がついたので梅田ヨドバシカメラに、写真家の内田ユキオさんのトークショーに参加してきました。
今回は”Fujifilm X-Pro2”がメインの内容でした。

先に感想をお伝えすると、
”とても参考になった(X-PRO2に対して)”
”写真との向き合い方を学べた”

”やっぱ富士はいい”

の3点を得られました。

 

|トークショー詳細

到着したのが開始30分前と余裕があり、おかげで、前から2列目を確保でき写真も内田さんの講演も間近で見ることができました。
こういうイベントは男性が多い印象でしたけど、割と女性の方も聴きに来られていました。
”内田ユキオ”という人そのものを見に来ている感じでしたね。

そういう自分はといいますと、
”内田ユキオという写真家はどんな人?”
”X-Pro2の詳細”

この2点が知りたかったんです。 結果、X-Pro2については初代X-Pro1との違いをとても分かりやすく説明していただきました。

ヤバイですね。
かなり欲しくなってしまいました。

見た目は初代とそんなに変わってはいないんですが、中身は別物です。
4年でここまで進化するんですね。一眼レフまでとは言いませんが、動体を撮らなければ全く問題ない仕上がりです。
むしろ、ストリートスナップのジャンルだとミラーレスがマッチしていると思います。

DSCF1035

そして加えて、ハイブリッドビューファインダー、ACROSモードについても詳しく説明していただきました。
ハイブリッドビューファインダーとは、OVFとEVFが切り替え可能なファインダーです。
X-proシリーズの最大の売りです。特にブライトフレームといいまして実際には写らない範囲まで見渡せるので、”タイミング”を見計らいやすいんですよね。
特に、内田さんはこの機能を熱心に語られていました。 そしてたまたまですが、それに関係した質問にボクが答えることになりほんの少しでしたが内田さんと会話のやり取りをすることが出来ました。 おまけといっては何ですが、サイン入りポストカードもらっちゃいました笑

 

DSCF2060

|トークショーを終えて

いままでボクの撮るスタイルでは、写真を撮るのに”ことばは特に必要ない”と思っていました。
しかし、内田さんが撮られる写真のように”ことばを添える”っていうのもいいなと。

一人、もしくは気の合うメンバーで撮っていると愉しいです、しかしそればかりだと、上手く説明できないですが”その次”に進めない様な感覚がします。

そうならないために、こういった場に赴き新しい価値観を取り入れてみたり、または新しいメンバーとフォトウォークしてみたりと、定期的に新しい風を意識的に取り入れていくことが、”次に進むための小さな一歩”のような気がします。

あぁ…なんかスナップが撮りたくなってきました…

 

R0000119   R0000121   R0000120     R0001990   R0000921   R0000230   R0000236   R0000238   R0000013   DSCF1034   Shingo-300-4   DSCF1284   DSCF1270

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)