大木がその場で見てきた数百年の歴史 ~Hundred Years in Nara~

大きな木を見ていると、どれくらいの年月をこの場所で越してきたのだろうと考えるときがあります。

このたった100年間で、良くも悪くも含めたくさんの出来事が起こりました。
自分を含め、人間は少し生き急ぎ過ぎなんじゃないかなぁと考えさせられます。
もっとしっかり地に足をつけ、周りの環境が変わろうとも、流されず自分らしく生きたいですね。

自然に触れていると、少しの間だけ人生に一時停止が出来るような気がします。
大抵はそのまま再生ボタンを押してしまうんですけどね。
人間はいきなり変われません、防衛本能がそうさせます。
その本能が在ったから今まで生きながらえてきました。

だけど、違う作品を再生してみようかなと考えることが出来たりする大切な時間でもありますよね。

Shingo-349Shingo-345 Shingo-343 Shingo-359 Shingo-352 Shingo-354 Shingo-355 Shingo-350 Shingo-348 Shingo-347
Taken By:X-T1 with XF23mm

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)